過払い金請求における取引の分断とは?

取引の分断とは、契約の途中で一度完済した後に、再度借入を始めた場合を言います。この場合、過払い金請求において消費者金融と争いになることが多いです。

消費者金融との極度額を設定する包括的金銭消費貸借取引において
“過払い金請求における取引の分断とは?”の詳細は »

過払金請求は5%の利息を付けて請求しよう。

過払い金には利息がつきますが、その理屈は、貸金業者が、分かった上で違法な利息で貸し出しをしていたからです。

過払金という言葉はかなり浸透してきており
キャッシングを利用したことのある方なら
一度は耳にしたことがあるかもしれません。
“過払金請求は5%の利息を付けて請求しよう。”の詳細は »

過払金の請求はいつまでできるのでしょうか?

過払金の返還請求権は債権であり、最終の取引日から10年で消滅時効にかかります。最初の取引日は特に影響しないので、借入時期が古くても過払金請求できる可能性はあります。

まず過払金請求の法的性質ですが、正確には「不当利得返還請求」と言います。貸金業者が不当(法的な根拠なく)に利得(利益)を得ているのでそれを返還請求するのです。根拠条文は民法にあります。


“過払金の請求はいつまでできるのでしょうか?”の詳細は »

過払金の際に良く聞く、グレーゾーン金利って何?

利息制限法違反の利息は、グレーゾーンではなく完全に黒です。グレーゾーンなんていうから違法ではないのかという誤解が生まれるのです。

消費者金融やクレジット会社から、過去お金を借りた方ならお分かりですが、
消費者金融やクレジット会社からお金を借りる際は、概ね年25%~29.2%の利息を取られます。
しかし、利息制限法という国が定めた法律に規定されている法定利息(つまり利息はこれ以下じゃないとダメですよという決まり)

は年利15%~20%です。つまり消費者金融やクレジット会社は、違法な利息でお金を貸し付けていたのです。
なぜそんなことが認められていたかというと、利息制限法という法律には刑事罰がなかったからです。
利息制限法とは別の法律に出資法というものがあり、これには29.2%以上の利息を取ると刑事罰が科せられることになっていました。
そのため、刑事罰が科せられない29.2%ギリギリの金利で営業している会社が多くありました。


“過払金の際に良く聞く、グレーゾーン金利って何?”の詳細は »

過払い金と規制の強化の細部のこと

公正証書作成にかかる委任状の取得を禁止。利息制限法の金利を超える貸付けの契約について公正証書の作成の嘱託を禁止

連帯保証人の保護を徹底するため、連帯保証人に対して、催告・検索の抗弁権がないことの説明を義務付け貸付けにあたり、トータルの元利負担額などを説明した書面の事前交付を義務付ける。
“過払い金と規制の強化の細部のこと”の詳細は »

過払い金を払わない?

裁判をせずに早期に和解してお金を手にするには、過払い金の金額を減額しても、利息分くらいはおまけするつもりでないと難しいかも

裁判をおこさなければ1円も払わないことも多数あります。
裁判は弁護士を頼まずにやったとしても印紙代や切手などの
費用もかかり訴状も自分で書く必要があります。

ただし、その手続きの面倒さに負けてどこまで
減額するのかということを決めておかなくては
消費者金融の思うつぼなのです。


“過払い金を払わない?”の詳細は »

過払い金の裁判について

過払い金訴訟において相手が言ってくることはさまざまな、いいわけですよ

こちらが争う姿勢を見せると、
相手もそれなりに応戦してきますから、
相手は裁判慣れしています。

こういう場合は、可能ならば弁護士へ依頼しましょう。

自力でがんばろうとするなら、
払いすぎたお金を取り戻すためには、
正直言って、裁判の判決を勝ち取るところまで、
100%自己完結することは、なかなか難しいことでしょう。


“過払い金の裁判について”の詳細は »

みなし弁済と過払い金のつながり

払いすぎた額を取り返す訴訟において、みなし弁済が適用されるためには先に示した様ないくつもの条件をクリアしなければなりません。

消費者金融は、みなし弁済の規定により
旧貸金業法に、法定金利以上の違法な利息をとっても、
払いすぎた部分の元本充当や、払いすぎたお金の返還請求が
できないと主張することが以前はできました。

しかし、みなし弁済が適用されるためには
先に示した様ないくつもの条件をクリアしなければ
いけないということを知っていてほしいと思います。


“みなし弁済と過払い金のつながり”の詳細は »

過払い金裁判中の和解について

合意が出来ているのにもかかわらず、消費者金融が裁判に欠席したり、訴訟上の和解ができなときには、裁判所に和解に変わる決定を出してもらうこともできますよ

あなたが過払い金に関して思い切って裁判を起こしたとします。
すると消費者金融は、手のひらを返したように
「和解しましょうよ」と言ってくることがあるかもしれません。

和解というのは文字の通りですが、
「裁判=民事上の争いを当事者同士が譲歩しあって争いを
やめること」を指し、裁判官の前で立会いのもと
和解内容を確認して「訴訟上和解する」場合と
裁判所とは関係なく当事者同士が合意書を交わすものが
あります。


“過払い金裁判中の和解について”の詳細は »

過払い金と取引履歴について

取引の経過にしたがって、実際にお金を処理しているのですが、完済した時点で、払いすぎた額が発生していることに気がつく必要がありますよ

借り変えと借り増しについては、まずご自身の取引経過を債権者から
取り寄せて、チェックしてもらうことが大切です。

もしその経過履歴で「借入残高」がゼロとなっていて、
同じ日に新しく借り入れをしたような記録になっていたとしたら、
借り換え、もしくは借り増しが行われた履歴ということになります。


“過払い金と取引履歴について”の詳細は »

« 過去の記事