港から始まった横浜で相続に燃える

<出資法>金銭の貸借の媒介を行う者がその媒介に関し受ける金銭は、
礼金、調査料その他何らの名義をもつてするを問わず、手数料とみなして前項の規定を適用する。

<利息制限法>前二条の規定の適用については、金銭を目的とする消費貸借に関し債権者の受ける元本以外の金銭は、
礼金、割引金、手数料、調査料その他何らの名義をもつてするを問わず、利息とみなす。但し、契約の締結及び債務の弁済の費用は、この限りでない。健全な金銭の貸し借りに対応するための金利を前提とした法律を利息制限法といいます。

経済的な弱者である債務者を保護する目的で存在しています。立証責任は訴訟の勝敗を大きく左右するとても重要なことです。契約の締結と債務の弁済費用についての立証責任は業者側にあります。
費用として支出されたことに対する立証責任も貸金業者の責任になります。

たとえ、「利息制限法を超える支払いはお客様の任意です」と主張されていたところで、
最高裁は期限の利益の喪失特約を支払いを強制するものだと判断する判例をだしていることからも過払い金は必ず取り戻せるということがおわかりいただけると思います。貸金業法の2007年以降の主な改定事項です。
貸金業の適正化参入に必要な純資産額の引上げはこうだ。
現行の個人300万円・法人500万円から、施行後1年半以内に2000万円に、上限金利引下げ時に5000万円以上に順次引き上げる。
貸金業協会の自主規制機能の強化。
夜間に加え日中の執拗な取立て行為の規制。
借り手の自殺による生命保険金による弁済禁止。
特定公正証書作成のための委任状取得の禁止

 

相続の相談は横浜のこちらの安心サイト
違法な金利で被相続人が借金をしていたとなれば、相続人が過払い金の請求をできるときもあるのです。
www.souzoku-shien.net