過払金の際に良く聞く、グレーゾーン金利って何?

消費者金融やクレジット会社から、過去お金を借りた方ならお分かりですが、
消費者金融やクレジット会社からお金を借りる際は、概ね年25%~29.2%の利息を取られます。
しかし、利息制限法という国が定めた法律に規定されている法定利息(つまり利息はこれ以下じゃないとダメですよという決まり)

は年利15%~20%です。つまり消費者金融やクレジット会社は、違法な利息でお金を貸し付けていたのです。
なぜそんなことが認められていたかというと、利息制限法という法律には刑事罰がなかったからです。
利息制限法とは別の法律に出資法というものがあり、これには29.2%以上の利息を取ると刑事罰が科せられることになっていました。
そのため、刑事罰が科せられない29.2%ギリギリの金利で営業している会社が多くありました。

民事上は黒(つまり違法)だが、刑事上は白(刑罰を科せられない)ということで、グレーゾーン金利なんて呼ばれたりしていましたが、
この文章を読んだだけでも、グレーではなく完全に黒であることがご理解いただけると思います。
しかも、当時の利息制限法にはみなし弁済規定という奇妙な規定があり、一定の法定条件を満たせば、
20%を超える違法な利息を取ってもよいことになっていたのです。

さすがに今は廃止されましたが、当時はこの規定を活用して、消費者金融やクレジット会社は自己の営業を正当化していたのです。

債務整理によって過払い金を請求しよう
最高裁判所の判断により、みなし弁済規定の法定用件を満たしている会社など、どこにもないということが分かり,
利息制限法に規定する利息以上の金利を払う必要はないということが、ようやく決まったということです。
それでも未だに、過払金に対し執拗に抵抗し、裁判になっても一歩もひかない会社もあるので、
過払金の請求は、そういった会社への対応に慣れている、専門家への依頼を検討されたほうがいいのかなと思います。
www.amis-y.com

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む