過払金請求は5%の利息を付けて請求しよう。

過払金という言葉はかなり浸透してきており
キャッシングを利用したことのある方なら
一度は耳にしたことがあるかもしれません。

過払金請求とは、過去の違法な利息の部分を取り返すというものです。

平成18年以前から、キャッシングを利用している方ならば、
過払金が出ている可能性は非常に高いです。

現在も返済している方や、既に完済して、既に利用やカードがない方でも
過払金を請求することができるので、まだ、請求していない方は
一度検討してみてはいかがでしょうか?
完済している方なら、デメリットはほぼありません。

実はこの過払金、実際に払った金額に利息がついて
実際に払った金額よりも多く取り返すことができるってご存知でしょうか?

過払金に利息がつく理屈ですが
簡単に言うと、民法に規定されているからです。

過払金は、法律の言葉で言うと『不当利得』です。
『不当利得』とは、何の権限もないのに、
人のお金を受け取っているというイメージです。
不当に利益を得ている。ということです。
まさに、過払金のことですね。

そして、この『不当利得』について、民法では
分かっていながら、不当に利得を得た人は、
5%の利息を付けて、返還しないといけないよ。
という決まりがあるのです。

貸金業者は、当然自分たちが違法な利息で貸している事は知っています。
なので、過払金を請求するときには、
『あなたたちはわかっていながら違法な利息で貸し付けていた。
 なので、過払金に5%の利息をつけて返してください』
といえるわけです。

ただし、貸金業者は、簡単には認めてくれませんので
争いになることも多いのが実情です。

«
»
 

トラックバックURL