過払い金請求における取引の分断とは?

消費者金融との極度額を設定する包括的金銭消費貸借取引において

(限度額の範囲内であればいくらでも借りたり返したりが出来るような取引のことを言います)
途中で一度完済(借入額をぜろにすること)し、再度借入を開始するということがあります。

いったんお金が用意できたので借入金を完済したけれども、
やっぱりまたお金が必要になったために、完済後暫くした後に再度借入をしたような場合です。

このような取引が合った場合に、完済前の取引と再開後の取引を、一個の取引として一連計算を行うのか、
それとも完済前の取引と再開後の取引は、別の取引として別個にそれぞれ計算を行うべきかが、争いになることがあります。

過払い金は、一個の取引として計算した方が大きくなります。
完済前の取引と再開後の取引を別の取引として計算すると、
過払い金は少なくなりますし、最悪のケースでは消滅時効してしまうということもあります。
そうなると、過払い金の金額は大きく減ってしまいます。

そのため、消費者金融は、取引の分断について激しく争ってきますし、裁判をしない限り
一個の取引とは認めないケースが多いです。

«
 

トラックバックURL