取引の履歴の重要性を解説しているのだ

取引履歴とはいつ借りて、いつ返したかという履歴、これがなければ、払いすぎた額の計算もできません。

■取引履歴はなぜ、大切か?
サラ金との取引において重要なポイントはいくつかありますが、
今回はそのうちの一つを説明したいと思います。
“取引の履歴の重要性を解説しているのだ”の詳細は »

自分で計算して請求をしてみる

グレーゾーン金利での借入れと返済を続けている場合、過払い金が発生している可能性があります。

「自分が払い続けている返済はもしかしたら、もう終わっているものを
さらに払い続けている過払金かもしれない・・・・。」
“自分で計算して請求をしてみる”の詳細は »

サラ金業者と過払い金の存在

サラ金業者は払いすぎた額の存在を伝えてはくれません

もともと何に対しても信頼が置けないサラ金業者ではありますが、
一度借りて返したモノの後に、再度お金を借りたり
借り換え、借り増しの履歴を隠すことがあります。
“サラ金業者と過払い金の存在”の詳細は »

過払い金請求でと取引履歴を取り寄せる

払いすぎたお金の請求にはまず、取引履歴を取り寄せよう!

過払い金返還請求をする際、はじめに取引経過(取引履歴、取引明細書)が必要となります。あなたがご自身で、払いすぎた額の返還請求をするのであれば、まずここが第一関門となるでしょう。

業者に取引経過を請求するなどという作業は、どうも気が進まないし、本当にできるのか?と思われている方も多いようです。しかし、手順さえ踏み、基本的な法律の知識を理解していれば、取引経過を請求することができます。

では、具体的に取引経過に関する法律にはどんなものが関係してくるのでしょうか?

きっとあなたもよく耳にしていると思いますが、「個人情報保護法」という法律が、取引経過を請求する際に役に立ちます。

個人情報保護法とは、事業者に対する個人情報保護の義務を規定した法律で、2005年4月に全面施行されました。ただし、よく誤解されているのが、この法律でいうところの個人情報の認識です。


“過払い金請求でと取引履歴を取り寄せる”の詳細は »

過払い金の発生の仕組み

過払い金が発生するのはグレーゾーン金利があるからです。法律の改正があっても過去の分をしばらく取り戻せます

サラ金業者やクレジット会社を利用した方はご存知かと思いますが、こうした消費者金融からお金を借り入れると、年25%~29.2%という高金利を支払わなければならなくなります。
“過払い金の発生の仕組み”の詳細は »

最新の記事 »